ふるえるくだ

日々の雑記

アカハライモリとの生活

飼育

「ペットを飼ったことはあるけど、きっかけがない限り飼わないし、まず買わない」

ペット飼育に関して聞かれたらそう答えていた。

 

生き物を飼う前に「飼育」という行為には複雑な気持ちを抱く。

けれど、いざ飼い始めるとそんな気持ちはどこかにすっ飛ぶ。

気になるのは生体の体調と過ごしやすい環境を提供できているか?

それだけ。

 

随分長い間生き物を飼うことをしていなかった。

最後に飼っていたのはアクアリウムでメダカとエビ。

色々と手間がかかるのだけれども趣味の一つとして楽しんでいた。

寿命で生き物がいなくなり、水草だけでも充分きれいなので

しばらく育ていたがそれらも枯れたりしてしまいやめてしまったわけです。

 

アカハライモリとの生活~両性類飼育~

 

最近知り合いからアカハライモリを譲ってもらうことになった。

イモリは飼ったことはなくて、子供のころに田んぼで見かけたくらいしかない。

どのように世話をするのかと聞いてみると「手間はかかりませんよ」とのことだった。

それは問題ではない。手間は趣味の醍醐味だよ。

 

取り合えず自分で調べてから決めると伝え調査を始める。

アクアショップに行って生体をみてみたり、ネット、図書館などを利用する。

適当なコピペのブログや愛情を持って育てているブログなど様々だ。

沢山見ていると、ほんとに飼っている人かそうでないかは何となくわかる。

 

調べていたら話をいただいてから1か月近く経っていた。

調査に火がついてパルダリウムにまで飛び火していた・・・

これを機に以前使っていた水槽、流木、石などの消毒。

使っていない流木のあく抜きなどを少しずつすすめた。

この間に調べたことは後日まとめることにします。

 

とても魅力的な生物だと思ったので、アカハライモリを飼うことにした。

ガラス水槽は処分したので残っている安物のアクリルの水槽で。

 

飼い始めは11月だったので、これから来る冬の寒い時期だと室内温度は10度を下る日があるけれど大丈夫だろうか?と思いつつアカハライモリとの生活がスタートする。

実際の飼育については後程。